沖縄のカエル達の写真と鳴き声

沖縄の島々のこと、そこに暮らすカエル達の事、絶滅の恐れがあることなど。沖縄のカエル達の話をちょっと聞いみてください。
  ・沖縄の島々  ・日本と沖縄のカエル達  ・沖縄に分布するカエル達 ・人が持ち込んだカエル達  ・絶滅の危機

ここから下が沖縄に生息するカエルのリスト
琉球列島の地図 琉球列島の地図
地図をクリックすると、774×589ピクセルの拡大地図が表示されます。

沖縄の島々

まず最初に、沖縄県の地理をお話します。沖縄県は九州から台湾にかけて弧状に連なる琉球列島の一部であり、160あまりの島(0.01km2以上の島)からなる島嶼県(とうしょ)です。沖縄県の面積は2,274.32km2です(平成16年:国土地理院)。これは日本の面積の約 0.6%にあたります。
最北端は硫黄鳥島であり、沖縄県唯一の火山がある島です。現在無人島となっています。ここから最南端の波照間島(有人島)まで約400kmあります。
沖縄県を構成する島々は、沖縄諸島、宮古諸島、八重山諸島、大東諸島の4つに大きく分けることができます。宮古・八重山諸島を併せて先島諸島と呼ぶ場合もあります。また琉球列島のうち、宮古・八重山地方を南部琉球、沖縄・奄美群島を中部琉球と呼ぶこともあります(屋久島・種子島あたりを北部琉球)。
島々の中で最も面積が大きい島が「沖縄島」です。俗に”本島(ほんとう)”と呼ばれています。沖縄島は、日本で最も大きな島です。ちなみに二番目に大きな島は佐渡島、三番目は奄美大島です。近年脚光を浴びつつある”山原(やんばる)”は、沖縄島(本島)の島の北部地域のことです。県土の約5割にもなる沖縄島に、沖縄県の人口の約9割が集中しています。


諸島
各諸島に属する主な島
その他

沖縄諸島
沖縄島(沖縄本島)、伊平屋島、伊是名島、伊江島、久米島、座間味島、渡嘉敷島など
奄美諸島と併せて中部琉球と呼ばれる事もあります。

宮古諸島
宮古島、池間島、伊良部島、下地島、水納島、多良間島など
八重山諸島と併せて、南部琉球と呼ばれる事もあります。

八重山諸島
西表島、石垣島、波照間島、与那国島、竹富島、小浜島、黒島など
宮古諸島と併せて、南部琉球と呼ばれる事もあります。

大東諸島
南大東島、北大東島
          -


日本と沖縄のカエル達

ここからカエル達の話に入ります。まず日本に分布するカエルの一覧をごらん下さい。日本国内には、47種(亜種を含む)のカエルが分布しています。 ●印のカエルが沖縄県内に分布する種です。○印のカエルは、トカラ列島以南(渡瀬線以南)に分布するカエルです。▲は外来種です。日本に分布するカエル達の約5割にあたる、20種(亜種含む)のカエルが沖縄県内に分布しています。20種のうち本土と共通して分布するのはヌマガエル、そして人が持ち込んだ外来種であるウシガエルだけです。沖縄はまさにカエル達の楽園なのです。

  
科名
和名
学名
沖縄県内に分布
トカラ列島以南
沖縄県を含む琉球列島に分布

1
ヒキガエル科
オオヒキガエル
Rhinella marina (Linnaeus, 1758)

2
  
 ミヤコヒキガエル
Bufo gargarizans miyakonis Okada, 1931

3
  
ナガレヒキガエル
Bufo torrenticola Matsui, 1976
  
  

4
  

 ニホンヒキガエル

Bufo japonicus japonicus Temminck et Schlegel, 1838
  
  

5
  
 アズマヒキガエル
Bufo japonicus formosus Boulenger, 1883
  
  

6
アマガエル科
ニホンアマガエル
Hyla japonica Günther, 1859
  
  

7
  
ハロウエルアマガエル
Hyla hallowellii Thompson, 1912

8
アカガエル科
アマミアカガエル
Rana kobai Matsui, 2011
  

  
エゾアカガエル
Rana pirica Matsui, 1991
  
  

10
  
 タゴガエル
Rana tagoi tagoi Okada, 1928
  
  

11
  
 オキタゴガエル
Rana tagoi okiensis Daito, 1969
  
  

12
  
 ヤクシマタゴガエル
Rana tagoi yakushimensis Nakatani et Okada, 1966
  
  

13
  
チョウセンヤマアカガエル
Rana uenoi Günther, 1876
  
  

14
  
ツシマアカガエル
Rana rugosa Temminck et Schlegel, 1838
  
  

15
  
ナガレタゴガエル
Rana sakuraii Matsui et Matsui, 1990
  
  

16
  
ニホンアカガエル
Rana japonica Boulenger, 1879
  
  

17
  
ネバタゴガエル
Rana neba Ryuzaki, Hasegawa et Kuramoto, 2012
  
  

18
  
ヤマアカガエル
Rana ornativentris Werner, 1903
  
  

19
  
リュウキュウアカガエル
Rana ulma Matsui, 2011

20
  
ウシガエル
Lithobates catesbeianus (Shaw, 1802)

21
  
ツチガエル
Glandirana rugosa Temminck et Schlegel, 1838
  
  

22
  
サドガエル
Glandirana susurra Temminck et Schlegel, 1838
  
  

23
  
 トウキョウダルマガエル
Pelophylax porosus porosus (Cope, 1868)
  
  

24
  
 ナゴヤダルマガエル
Pelophylax porosus brevipodus Ito, 1921
  
  

25
  
トノサマガエル
Pelophylax nigromaculatus Hallowell, 1861
  
  

26
  
アマミハナサキガエル
Odorrana amamiensis (Matsui, 1992)
  

27
  
アマミイシカワガエル
Odorrana splendida Kuramoto,Satou,Oumi,Kurabayashi et Sumida,2011
  

28
  
オオハナサキガエル
Odorrana supranarina (Matsui, 1992)

29
  
オキナワイシカワガエル
Odorrana ishikawae (Stejneger, 1901)

30
  
コガタハナサキガエル
Odorrana utsunomiyaorum (Matsui, 1992)

31
  
ハナサキガエル
Odorrana narina (Stejneger, 1901)

32
  
オットンガエル
Babina subaspera (Barbour, 1908)
  

33
  
ホルストガエル
Babina holsti (Boulenger, 1892)

34
  
ヤエヤマハラブチガエル
Nidiana okinavana (Boettger, 1895)

35
ヌマガエル科
ナミエガエル
Limnonectes namiyei (Stejneger, 1901)

36
  
サキシマヌマガエル
Fejervarya sakishimensis Matsui, Toda et Ota, 2007

37
  
ヌマガエル
Fejervarya kawamurai Djong,Matsui,Kuramoto,Nishioka et Sumida,2011

38
アオガエル科
アイフィンガーガエル
Kurixalus eiffingeri (Boettger, 1895)

39
  
 オキナワアオガエル
Rhacophorus viridis viridis (Hallowell, 1861)

40
  
 アマミアオガエル
Rhacophorus viridis amamiensis Inger, 1927
  

41
  
シュレーゲルアオガエル
Rhacophorus schlegelii (Günther, 1859)
  
  

42
  
モリアオガエル
Rhacophorus arboreus (Okada et Kawano, 1922)
  
  

43
  
ヤエヤマアオガエル
Rhacophorus owstoni (Stejneger, 1907)

44
  
カジカガエル
Buergeria buergeri (Temminck et Schlegel, 1838)
  
  

45
  
リュウキュウカジカガエル
Buergeria japonica (Hallowell, 1861)

46
  
シロアゴガエル
Polypedates leucomystax (Gravenhorst, 1829)

47
ヒメアマガエル科
ヒメアマガエル
Microhyla okinavensis Stejneger, 1901

  
  
  
  
20種
在来種17種
外来種3種
25種
在来種22種
外来種3種

和名・学名は日本爬虫両棲類学会の「日本産爬虫両棲類 標準和名リスト」に準拠

沖縄に分布するカエル達

沖縄県内に分布するカエルの、分布概要一覧です。沖縄県内には20種のカエルが分布していますが、オオヒキガエル、ウシガエル、シロアゴガエルは、人により持ち込まれた移入種です。これを除いた17種が在来種となります。 ●印の付き方に注目してみてください。沖縄諸島に●が付いたカエルは、八重山諸島には印が付いていません。また八重山諸島に●が付いたカエルは、沖縄諸島に印が付いていません。八重山諸島と沖縄諸島では、分布している種に大きな違いがあります。

 
科名
和名
沖縄諸島
宮古諸島
八重山諸島
大東諸島
その他の分布地域

1
ヒキガエル科
オオヒキガエル(外来種)
 - 
 - 
小笠原(移入)、中米、南米北部など

2
  
ミヤコヒキガエル
 - 
 - 
 - 

3
アマガエル科
ハロウェルアマガエル
 - 
 - 
 - 
奄美諸島

4
アカガエル科
リュウキュウアカガエル
 - 
 - 
 - 
 - 

5
  
ウシガエル(外来種)
 - 
 - 
日本各地(移入)、世界各地(移入)、北米東部

6
  
オオハナサキガエル
 - 
 - 
 - 
 - 

7
  
オキナワイシカワガエル
 - 
 - 
 - 
 - 

8
  
コガタハナサキガエル
 - 
 - 
 - 
 - 

9
  
ハナサキガエル
 - 
 - 
 - 
 - 

10
  
ホルストガエル
 - 
 - 
 - 
 - 

11
  
ヤエヤマハラブチガエル
 - 
 - 
 - 
 - 

12
ヌマガエル科
ナミエガエル
 - 
 - 
 - 
 - 

13
  
サキシマヌマガエル
 - 
 - 

14
  
ヌマガエル
 - 
 - 
 - 
奄美諸島、本州中部以西、台湾、東南アジアなど

15
アオガエル科
アイフィンガーガエル
 - 
 - 
 - 
台湾

16
  
オキナワアオガエル
 - 
 - 
 - 
 - 

17
  
ヤエヤマアオガエル
 - 
 - 
 - 
 - 

18
  
リュウキュウカジカガエル
 - 
 - 
トカラ列島、奄美諸島、台湾  

19
  
シロアゴガエル(外来種)
 - 
東南アジア

20
ヒメアマガエル科
ヒメアマガエル
 - 
奄美諸島、台湾、東南アジアなど  

 
  
種数
在来 10種
移入 2種
在来 3種
移入 1種
在来 8種
移入 3種
移入 3種
 - 

●印は在来種 ▲印は人為的に持ち込まれた外来種
前之園唯史・戸田守.2007年. 琉球列島における両生類および陸生爬虫類の分布.沖縄両生爬虫類研究会 Akamata No.18を参考にした

沖縄諸島

12種のカエルが分布しています。在来種は10種です。リュウキュウアカガエル、ナミエガエル、ハナサキガエル、ホルストガエル、オキナワイシカワガエル、オキナワアオガエルは、沖縄諸島の固有種(又は固有亜種)です。また鹿児島県の奄美諸島と沖縄諸島にまたがって分布するハロウェルアマガエルがいます。 山地森林の渓流に生息するカエルが多く見られるのも特徴的です。オキナワイシカワガエル、ナミエガエル、ハナサキガエル、ホルストガエル、リュウキュウアカガエルの5種がこれにあたります。これら5種のカエルは、沖縄島(沖縄本島)では島の北部地域(山原:やんばる)に限られています。

宮古諸島

4種のカエルが分布しています。島の面積が小さく、大きな河川がありません。渓流性のカエルが分布せず、分布する種数は多くありません。しかし琉球列島に唯一自然分布するヒキガエル類であるミヤコヒキガエルが生息する特異な地域です。ミヤコヒキガエルは、宮古諸島の固有亜種です。中国などに分布するアジアヒキガエルの亜種とされています。ヒキガエルの仲間は他の琉球列島の島には分布していません。

八重山諸島

10種のカエルが分布しています。在来種は8種です。八重山諸島は、台湾との共通種や台湾に近縁種が分布するカエルがみられます。アイフィンガアーガエルは台湾との共通種です。台湾に近縁種がいるのはヤエヤマハラブチガエルやヤエヤマアオガエルです。ヤエヤマハラブチガエルは、かつて台湾に分布するハラブチガエル同一種とされていました。またヤエヤマアオガエルは、台湾のモルトレヒトアオガエルに近縁であると考えられています。 コガタハナサキガエルとオオハナサキガエルは、沖縄諸島に分布するハナサキガエルと同一種とされていました。最近それぞれ独立種となり、八重山産のものは2種に分けられました。
外来種のシロアゴガエルは近年石垣島でも定着しました。

大東諸島

3種のカエルが分布しています。しかし3種とも人が持ち込んだカエルです。ミヤコヒキガエル、オオヒキガエル、サキシマヌマガエルが移入されています。


人が持ち込んだカエル達

オオヒキガエル、ウシガエル、シロアゴガエルの3種は、人により持ち込まれた外来種です。生態系への影響が懸念されています。 オオヒキガエルは、中南米原産です。最初に南大東島に移入され(移入経路、年代不明)、石垣島へは1978年に南大東から持ち込まれました。大型で目の前を動く物は何でも食べるため、在来の小動物への影響が懸念されています。オオヒキガエルは特定外来生物に指定されています。 ウシガエルは北アメリカ原産です。1953年に食用の目的で久米島に移入されました。その後県内各地に分布を広げていきました。1970年代から1980年代にかけては、高密度で生息していたようです。現在ではサトウキビへの転作による水田の減少で、ウシガエルの個体数も減少しつつあるようです。ウシガエルが生息する場所では、在来種のヌマガエルが激減しているとの指摘があります。 シロアゴガエルは、東南アジア原産です。1964年に嘉手納町で初めて確認されました。その後分布を広げていき、現在では沖縄本島全域で見られます。また最近宮古諸島や石垣島にも侵入してしまいました。沖縄本島中部を中心に分布を広げていったため、東南アジアから米軍の軍事物資にまぎれて入ってきたと考えられています。 なお3種のカエルは、環境省により特定外来生物に指定されています。

Herpestes auropunctatus

オオヒキガエル

Rana catesbeiana

ウシガエル

Polypedates leucomystax

シロアゴガエル



絶滅の危機

多様な沖縄のカエル達ですが、彼らの多くが絶滅の危機に瀕しています。17種の在来種のうち、10種(約6割)のカエルが「改訂 沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物」(沖縄県 2005年)や、「両生類のレッドリスト」(環境省 2006年)に掲載されています。 沖縄県に分布するカエルは、特定の島にしか分布していない固有種が多くなっています。また沖縄島(沖縄本島)に分布するカエルには、「山原」に分布域が限定されているカエルも数種います。彼らの生息域の面積は、必然的に非常に狭くなっています。沖縄県の面積が、全国の0.6%ぐらいですから、山原の、しかも河川源流域にしか生息していないため、そのカエルの分布域はとても狭いことになります。もともと存続基盤がとても弱いのです。したがってその生息域が開発されたり、外来種が侵入したりすると、カエル達がアッという間に絶滅してしまう危険性が高いのです。
固有:ある生物の分布が、特定の地域に限定されること。沖縄のカエルの多くが、「沖縄本島固有」であったり、「中部琉球固有」であったりします。例えばハナサキガエルは、沖縄本島の山原にのみ分布していますし(沖縄本島に固有)、イシカワガエルは沖縄本島と奄美大島にしか分布していません(中部琉球に固有)。

 
和名
学名
環境省のレッドリスト
沖縄県のレッドデータブック
天然記念物など

1
ミヤコヒキガエル
Bufo gargarizans miyakonis
準絶滅危惧
 - 
 - 

2
ハロウェルアマガエル
Hyla hallowellii
 - 
準絶滅危惧
 - 

3
リュウキュウアカガエル
Rana ulma
準絶滅危惧
準絶滅危惧
 - 

4
オオハナサキガエル
Odorrana supranarina
準絶滅危惧
準絶滅危惧
 - 

5
オキナワイシカワガエル
Odorrana ishikawae
絶滅危惧ⅠB類
絶滅危惧ⅠB類
沖縄県指定天然記念物

6
 
コガタハナサキガエル
 
Odorrana utsunomiyaorum
 
絶滅危惧ⅠB類
 
絶滅危惧ⅠB類
 
石垣市自然環境保全条例に基づく保全種

7
ハナサキガエル
Odorrana narina
絶滅危惧Ⅱ類
絶滅危惧ⅠB類
 - 

8
ホルストガエル
Babina holsti
絶滅危惧ⅠB類
絶滅危惧ⅠB類
沖縄県指定天然記念物

9
 
ヤエヤマハラブチガエル
 
Nidiana okinavana
 
絶滅危惧Ⅱ類
 
 - 
 
石垣市自然環境保全条例に基づく保全種

10
ナミエガエル
Limnonectes namiyei
絶滅危惧ⅠB類
絶滅危惧ⅠB類
 - 

環境省のレッドリスト: 報道発表資料 「第4次レッドリストの公表について」(環境省、2012年8月28日)の掲載種

沖縄県のレッドデータブック : 改訂・沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物(動物編)-レッドデータおきなわ-(沖縄県 2005年)の掲載種