クチキコオロギ

バッタ目マツムシ科

Duolandrevus ivani

レッドデータブックなどによる指定なし

使用機材
ボディ:Nikon D3
レンズ:TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di (MODEL 272ENⅡ)
その他:ストロボ使用

クチキコオロギ Duolandrevus ivani

クチキコオロギは、本州以南から沖縄本島まで分布しています。なお八重山以南には別種のヤエヤマクチキコオロギ ( Duolandrevus guntheri ) が分布しています。全長3cm強の大きさです。和名にコオロギとついていますが、マツムシ科に属しています。写真は雄の個体です。羽が体の半分ぐらいまでしかありませんが、これで立派な成虫です。クチキコオロギは森林性で、やんばるの森では比較的ふつうに見られます。昼間は樹皮の下や、木の割れ目などに潜んでおり夜間活動します。
写真は雌の個体です。腹部末端に三本の管状のものが付いていますが、中央のものが卵を産み付けるための産卵管です。