リュウキュウヤマタニシ

中腹足目ヤマタニシ科

Cyclophorus turgidus angulatus

英名 (English name)
 not applicable

沖縄県レッドデータブック:準絶滅危惧
環境省レッドデータブック:絶滅危惧Ⅱ類

使用機材
ボディ:Nikon Nikon D3
レンズ:TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di (MODEL 272ENⅡ)
その他:ストロボ使用

リュウキュウヤマタニシ Cyclophorus turgidus angulatus

リュウキュウヤマタニシは、オキナワヤマタニシ(Cyclophorus turgidus turgidus )の亜種で、沖縄本島の北部にのみ分布しています。オキナワヤマタニシは沖縄諸島にひろく分布し中南部の市街地にある公園など緑地でもみられますが、リュウキュウヤマタニシはやんばるの森林に生息しています。殻の径が3cm程度になり、オキナワヤマタニシよりやや大型の印象です。夜の森でカエルを探しているとき、たまに見かけます。珍しいというほどではありませんが、あまり多くはないようです。
Cyclophorus turgidus angulatus is subspecies of Cyclophorus turgidus turgidus. Cyclophorus turgidus angulatus is endemic snail of north part of Okinawa main Island. Diameter of the shell is about 3cm. The main habitat of this snail is forest of the mountainous district.
Ministry of the Environment RED LIST ; Vulnerable (VU)
Okinawa Red Data Book ; Near Threatened(NT)