オキナワヤマタニシ

中腹足目ヤマタニシ科

Cyclophorus turgidus turgidus

英名 (English name)
 not applicable

レッドデータブックなどの指定なし

使用機材
ボディ:Nikon F4s
レンズ:Micro Nikkor 105mm f2.8
その他:ストロボ使用
FILM:Kodac KR64

オキナワヤマタニシ Cyclophorus turgidus turgidus

オキナワヤマタニシは沖縄諸島に分布しています。殻径20mm程度です。アオミオカタニシ同様、眼が触覚の根元にあります。体の後ろの殻の下側にあるのはフタで、この仲間の特徴です。主に石灰岩地の樹林に生息し、林床で活動しています。市街地の公園や、住宅街の植え込みに生息している事もある身近なカタツムリのひとつです。個体数は多いです。イタジイの森には、リュウキュウヤマタニシCyclophorus turgidus angulatus が生息しています。
Cyclophorus turgidus turgidus distribution is Okinawa Islands. It's a common species. Diameter of the shell is about 20mm. This snail has inhabit the forest of limestone area. The forest of Yanbaru Cyclophorus turgidus angulatus will inhabit.