ヒラコウラベッコウガイ

柄眼目ベッコウマイマイ科

Parmarion martensi

英名 (English name)
 not applicable

レッドデータブックなどの指定なし
*外来種

使用機材
ボディ:Nikon D70
レンズ:Nikon AF Micro Nikkor 105mm f2.8
その他:ストロボ使用

ヒラコウラベッコウガイ Parmarion martensi

ヒラコウラベッコウガイは、体長20mm程です。沖縄には人為的に移入された種です。本来は東南アジアに分布しているようです。沖縄本島では、1986年に名護市で初めて見つかったようです。現在は、平地を中心に沖縄島内での分布を広げています。人家周辺や耕作地、林の林縁部などで見かけます。
殻は外套膜で覆われており、一見ナメクジに見えます。殻は小さく、薄い膜のような殻です。背中に割れ目のようなものが見える部分に、外套膜に覆われた小さな殻があります。