アマノヤマタカマイマイ

柄眼目ナンバンマイマイ科

Satsuma amanoi

英名 (English name)
 not applicable

沖縄県レッドデータブック:絶滅危惧Ⅰ類
環境省レッドデータブック:絶滅危惧Ⅰ類
国内希少野生動植物種

使用機材
ボディ:Nikon D3
レンズ:TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di (MODEL 272ENⅡ)
その他:ストロボ使用

アマノヤマタカマイマイ Satsuma amanoi

アマノヤマタカマイマイは、殻径2cm程度です。より殻に高さがあり、真っ白い色をしています。”ノッポなカタツムリ”といった感じがします。オキナワヤマタカマイマイは殻の色にはいろんなパターンがありますが、アマノヤマタカマイマイは、乳白色だけです。沖縄本島の南部にある、南城市周辺にしか分布していません。分布域が極めて狭い陸貝です。樹上で活動し、石灰岩地の林やその林縁に生息しています。この個体を撮影した場所でも、近年ずいぶん個体数が減ったように思います。
Satsuma amanoi is distributed in the south part of Okinawa Island. Diameter of the shell is about 20mm. This snail distribution range is extremely small.