ヤエヤマヒバァ

トカゲ目ナミヘビ科

Hebius ishigakiensis

レッドデータブックなどの指定なし

使用機材
ボディ:Nikon D70s
レンズ:Nikon AF Micro Nikkor 105mm f2.8
その他:ストロボ使用

ヤエヤマヒバァ Hebius ishigakiensis

ヤエヤマヒバァは、石垣島、西表島に分布する固有種です。全長が1m弱になります。かつては奄美諸島・沖縄諸島に分布するガラスヒバァの亜種とされていましたが、ヤエヤマヒバァが卵胎生であることなどから現在は別種とされています。背面が茶褐色をしています。生息環境はガラスヒバァに似ており、湿地周辺など、水辺で良く見かけます。カエルなどを捕食しているようです。写真の個体は、人工的に作られた洞窟内にいました。