オキナワヤモリ

トカゲ目ヤモリ科

Gekko sp.

環境省レッドデータブック:準絶滅危惧

使用機材
ボディ:Nikon D3
レンズ:Nikon AF Micro Nikkor 105mm f2.8
その他:ストロボ使用

オキナワヤモリ Gekko sp.

オキナワヤモリの腹面オキナワヤモリは、まだ未記載のヤモリです。ミナミヤモリのなかに含まれていた隠蔽種(いんぺいしゅ)で、近年の分子遺伝学な解析で発見されました。体長は10cmを優に超え、比較的大型のヤモリです。沖縄本島北部、伊平屋島、久米島に分布しているようです。やんばるでは、山地森林の樹幹で夜間活動している個体を見かけます。樹洞から出てきたり、樹洞へ逃げ込む個体を見ます。冬季にみかける機会が多いように思います。
左の写真は、オキナワヤモリの裏側です。裏に黒色の班があるのが特徴のようです。