ヘリグロヒメトカゲ

トカゲ目トカゲ科

Emoia atrocostata atrocostata

英名 (English name)
 Coastal skink

沖縄県レッドデータブック:絶滅危惧Ⅱ類
環境省レッドデータブック:絶滅危惧Ⅱ類
宮古島市自然環境保全条例の保全種

使用機材
ボディ:Nikon D750
レンズ:TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di (MODEL 272ENⅡ)
その他:ストロボ使用

ミヤコトカゲ Emoia atrocostata atrocostata

ミヤコトカゲは、国内では宮古諸島にのみ分布しています。海外では西太平洋地域に広く分布するようです。全長20cmほどで、海岸の岩礁と同じような灰褐色をしています。波しぶきがかかるような海岸の岩礁に生息しています。岩礁で日光浴をしており、近づくとさっと岩の隙間に逃げ込みます。撮影した時、岩礁の上に落ちていたカニの死骸を食べている個体もいました。
Coastal skink is distributed only in the Miyako Islands in Japan. Overseas it is widely distributed in the western Pacific region. It inhabits rocky reefs. It is about 20 cm in total length. The body is grayish brown.
Ministry of the Environment RED LIST ; Vulnerable (VU)
Okinawa Red Data Book ; Vulnerable (VU)
MIyakozima city Environment conservation ordinance ( Collection is prohibited)