イワサキワモンベニヘビ

トカゲ目コブラ科

Sinomicrurus japonicus boettgeri

沖縄県レッドデータブック:準絶滅危惧
環境省レッドデータブック:絶滅危惧Ⅱ類
石垣市自然環境保全条例に基づく保全種

使用機材
ボディ:Nikon F4s
レンズ:Nikon AF MICRO NIKKOR 105mm f2.8
FILM:Kodac KR64
その他:ストロボ使用

イワサキワモンベニヘビ Sinomicrurus macclellandi iwasakii

イワサキワモンベニヘビは、石垣島と西表島に分布しています。最大で80cm近くになるようですが、40cm以下の個体が多いようです。これまでに確認された例数が少ないため、生態など不明な点も多いヘビです。コブラ科の毒蛇ですが、毒は弱いようです。また口も小さく、人を咬むことは難しいです。捕まえると、尾の先端を手に押しつけるという珍しい行動をします。 野外でこのヘビを見かけることは、極めてまれです。私もまだ2回しか見たことがありません。比較的自然性が高く、陰湿な森林の林床にいました。