オナガエビネ

ラン科

Calanthe masuca

沖縄県レッドデータブック:絶滅危惧Ⅱ類
環境省レッドデータブック:絶滅危惧Ⅱ類

使用機材
ボディ:Nikon D70
レンズ:Nikon AF Micro Nikkor 105mm f2.8
その他:ストロボ使用

オナガエビネ Calanthe masuca

オナガエビネは、ツルランカツウダケエビネと同じエビネ属のランです。花の高さが50cmほどにもなる大型のランです。山地の森林に生育し、主に林床に生えています。まれにヒカゲヘゴの幹の低い部分部に着生したりしています。
やんばるでは、8月ごろ花を咲かせます。 花の色も美しく見応えがあります。残念なことに園芸目的で乱獲されたため、野外での数を減らしています。人が容易に入れないような山奥では、かなり普通に生えているランですので、人による採集圧がかなり高いのではないかと思われます。