エダウチヤガラ

ラン科

Eulophia graminea

沖縄県レッドデータ:絶滅危惧Ⅱ類

使用機材
ボディ:Nikon D3
レンズ:Nikon AF Micro Nikkor 105mm f2.8
その他:ストロボ使用

エダウチヤガラ(イモラン、オキナワイモネヤガラ、エダウチイモネヤガラ) Eulophia graminea

エダウチヤガラは、沖縄諸島、宮古島、石垣島、西表島、中国南部、東南アジアなどに分布しています。草地、道端、公園の芝生などに生育しています。日当たりの良い場所を好むようです。冬緑性の多年草です。花の咲く頃には葉が無く、蔓植物の芽のようにも見えます。花は4月上旬に撮影しました。写真の個体で高さ30cmほどでした。花は唇弁の長さが1cmほどの小さな花でした。