スミナガシ

チョウ目タテハチョウ科

Dichorragia nesimachus

沖縄県レッドデータ:準絶滅危惧

使用機材
ボディ:Nikon D70
レンズ:Nikon AF Micro Nikkor 105mm f2.8
その他:ストロボ使用

スミナガシ Dichorragia nesimachus

スミナガシは、前翅長4cmほど。沖縄島、石垣島、西表島、本州以南、東南アジアなどに分布します。和名は宮中で行われていた”墨流し”に由来します。幼虫の食草はヤワビワ、ヤンバルアワブキです。沖縄島より八重山のほうがよく見かける気がします。沖縄島では、北部地域にのみ分布しているようです。 樹液や、熟して落花した果実などに寄ってきています。写真は、樹液に寄ってきていた個体です。