リュウキュウオオイチモンジシマゲンゴロウ

コウチュウ目ゲンゴロウ科

Hydaticus conspersus sakishimanus

沖縄県レッドデータブック:準絶滅危惧
環境省レッドデータブック:準絶滅危惧

使用機材
ボディ:Nikon D3
レンズ:TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di (MODEL 272ENⅡ)
その他:ストロボ使用

リュウキュウオオイチモンジシマゲンゴロウ Hydaticus conspersus sakishimanus

リュウキュウオオイチモンジシマゲンゴロウは、関東や東北、京都など関西の一部に分布するオオイチモンジシマゲンゴロウの( Hydaticus conspersus )の亜種です。沖縄島、石垣島、西表島に分布します。体長1.5cmほどの小さなゲンゴロウです。やんばるでは、河川源流部が湿地状になった場所で見かけます。ナミエガエルやリュウキュウアカガエルが産卵するやんばるの渓流源流部にある、小さな水たまり状の部分でよく見かけます。写真は、やんばるの森で12月上旬に撮影しました。