マダラゴキブリ

ゴキブリ目マダラゴキブリ科

Rhabdoblatta guttigera

沖縄県レッドデータブック:準絶滅危惧

使用機材
ボディ:Nikon D3
レンズ:TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di (MODEL 272ENⅡ)
その他:ストロボ使用

マダラゴキブリ Rhabdoblatta guttigera

マダラゴキブリは、九州の一部、種子島、奄美大島、沖縄島に分布しています。八重山には別種のヤエヤママダラゴキブリが分布するようです。体長3cm弱になるゴキブリで、山地の渓流周辺に生息しています。幼虫は水辺の岩の下や水辺に積もった落ち葉の下などに潜んでいます。成虫も渓流沿いの林内に生息しています。ゴキブリと聞いただけで汚いイメージを持つ方が多いかと思いますが、マダラゴキブリは綺麗な清流に生息しています。
写真は、夜間に渓流沿いに生えている草本の上にいた成虫です。