アオバラヨシノボリ
 (東シナ海側河川)

スズキ目ハゼ科

Rhinogobius sp.BB

沖縄県レッドデータブック:絶滅危惧ⅠB類
環境省レッドデータブック:絶滅危惧ⅠA類

使用機材
RICOH Caplio GX8
その他:DiCAPac(ディカパック)

アオバラヨシノボリ Rhinogobius sp.BB

アオバラヨシノボリは、方言で「イーブー」と呼ばれるハゼの仲間です。体長6cmほどになります。本種は、沖縄本島の北部地域にのみ分布する固有種です。アオバラヨシノボリは、頬に斑紋がない、尾鰭中央の点列が無いことなどで、他のヨシノボリ類と識別できます。
学名のsp.は、ヨシノボリ属(Rhinogobius )の一種という意味です。ヨシノボリ類は、複数種に別けられるのは間違いありません。しかし斑紋以外にあまり識別点がなく、正式な学名が付いていません。