ルリマダラシオマネキ

エビ目シオマネキ科

Uca tetragonon

沖縄県レッドデータブック:準絶滅危惧種

使用機材
ボディ:Nikon D70
レンズ:TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di (MODEL 272ENⅡ)
その他:ストロボ使用

ルリマダラシオマネキ Uca tetragonon

ルリマダラシオマネキは、国内では八重山諸島、宮古諸島、沖縄諸島にのみ分布します。干潟の岩礁や転石帯でみかけます。背中が瑠璃色で、はさみがオレンジ色をした美しいシオマネキです。足が赤っぽい個体もいます。背中の模様は、瑠璃色の面積が大きい個体や、かなり黒っぽい個体まで様々です。雄は右側のハサミが大きくなっています。干潮時に巣穴から外に出て、岩についた藻などを食べています。警戒心が強く、人が近づくとさっと巣穴に引っ込んでしまいます。
写真は雄の個体です。