オキナワオオサワガニ

エビ目サワガニ科

Geothelphusa grandiovata

英名 (English name)
 not applicable

沖縄県レッドデータブック:絶滅危惧A類
環境省レッドデータブック:絶滅危惧Ⅱ類

使用機材
ボディ:Nikon D70s
レンズ:Nikon AF Micro Nikkor 105mm f2.8
その他:ストロボ使用

オキナワオオサワガニ Geothelphusa grandiovata

オキナワオオサワガニは、 沖縄島に分布する固有種です。沖縄島の周辺諸島には、最近まで同一種とされていたイヘヤオオサワガニ( Geothelphusa iheya)、クメジマオオサワガニ( Geothelphusa kumejima )、トカシキオオサワガニ( Geothelphusa levicervix  )が、それぞれ伊平屋島、久米島、渡嘉敷島に分布しています。
甲幅5cm程度になる大型種で、日本産サワガニ類では最大です。河川源流部の湿地周辺で見かけます。穴を掘り、その中に潜っています。
Geothelphusa grandiovata is an endemic species in Okinawa main island , and endangered crab. It becomes about carapace width 5cm. Habitat is n the source of the mountain stream and damp ground.
Ministry of the Environment RED LIST;Vulnerable (VU)
Okinawa Red Data Book;Critically Endangered (CR)