サンコウチョウ
(リュウキュウサンコウチョウ)

スズメ目カササギヒタキ科

Terpsiphone atrocaudata illex

沖縄県レッドデータブック:情報不足
*リュウキュウサンコウチョウとして

リュウキュウサンコウチョウの鳴き声を再生  (やんばるの森の音)

使用機材
ボディ:Nikon D3
レンズ:Nikon Af-S ED300mmf2.8D
録音:Sony MD MZ-R900

リュウキュウサンコウチョウ Terpsiphone atrocaudata illex

サンコウチョウは、夏鳥として本州以南の日本各地へ渡ってきて繁殖します。平地から山地の樹林に生息します。林内の樹木の枝に、蜘蛛の巣や落ち葉などを用いてボウルのような巣を作ります。抱卵している姿は、なんだかお風呂に入っているようですね。
オスは尾羽根が長く伸びており、全長が40cm以上あります。メスの全長は17cmほどです。くちばしと眼の周囲が鮮やかなコバルトブルーで、オスは長い尻尾のような尾羽根が特徴的です。鳴き声もとても特徴的で、鳴き声が「月、日、星」と聞こえることから「三光鳥」の名が付けられています。
沖縄県内で繁殖する個体群は、亜種リュウキュウサンコウチョウ Terpsiphone atrocaudata illex とされています。
写真は、巣で卵を温めているオスの個体です。