サンショウクイ
(リュウキュウサンショウクイ)

スズメ目サンショウクイ科

Pericrocotus divaricatus tegimae

沖縄県レッドデータブック:準絶滅危惧
*リュウキュウサンショウクイとして

リュウキュウサンショウクイの鳴き声を再生  (やんばるの森の音)

使用機材
ボディ:Nikon D3
レンズ:Nikon Af-S ED300mmf2.8D
その他:ストロボ使用
録音:Roland R-09

リュウキュウサンショウクイ Pericrocotus divaricatus tegimae

サンショウクイは本土では夏鳥ですが、沖縄県内には亜種リュウキュウサンショウクイが留鳥として生息しています。全長20cmのほっそりとした鳥です。ヒリッ、ヒリッ、ヒリッと鳴きながら飛びます。この鳴き声から、山椒の実を食べたという事で”サンショウ クイ”の名が付いたようです。しかし実際は、枝先からフライングキャッチして昆虫類などを捕食しています。
市街地の公園などの緑地から、山地森林にまで生息しています。森林では、メジロ、ヒヨドリ、シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラなどと並んで、もっとも普通に見かける野鳥です。