シリケンイモリ

有尾目イモリ科

Cynops ensicauda

環境省レッドデータブック:準絶滅危惧

分布:奄美諸島、沖縄諸島

使用機材
ボディ:Nikon F4s
レンズ:Nikon AF MICRO NIKKOR 105mm f2.8
その他:ストロボ使用
FILM:Kodac KR64

シリケンイモリ Cynops ensicauda

シリケンイモリは、アマミアオガエルを観察した湿地にたくさんの個体がいました。奄美・沖縄諸島では、平地の水たまりにも生息するなじみ深い生き物です。
全長100~170mmほどです。奄美諸島、沖縄諸島に分布しています。平地から山地に生息し、池や水たまり、沢の源流などに多くの個体が集まっているのを見かけます。冬から夏に繁殖します。卵は、水中や岸辺の落ち葉などに産み付けられます。
沖縄産のシリケンイモリの画像