アマミイシカワガエル

無尾目アカガエル科

Odorrana splendida

鹿児島県レッドデータブック:絶滅危惧1類 
環境省レッドデータブック:絶滅危惧IB類
鹿児島県指定希少野生動植物 
鹿児島県指定天然記念物

分布:奄美大島

使用機材
ボディ:Pentax 645 NⅡ
レンズ:smc PENTAX-FA 645 MACRO 120mm
その他:ストロボ使用
FILM:Kodac EPR64

アマミイシカワガエル Odorrana splendida

アマミイシカワガエルは、奄美大島のカエルで一番撮影したかったのがこのカエルです。不慣れな島での、ハブに注意しながらの探索。夜、あちこちの林道沿いの渓流を探し回っていたところ、なかなか良いポーズで出迎えてくれました。撮影場所は、ヤンバルと同様スダジイを中心とした自然林内の渓流です。
以前は奄美大島産も沖縄本島産のオキナワイシカワガエル( Odorrana ishikawae )と同種とされていましたが、2010年に奄美産がアマミイシカワガエル( Odorrana splendida )として独立種になりました。アマミイシカワガエル( Odorrana splendida )は奄美大島の固有種、オキナワイシカワガエル( Odorrana ishikawae )はやんばるの固有種となりました。
アマミイシカワガエルは、体長10~13cmほどある大型のカエルです。緑地に深い紫色の班がありとてもカラフルです。しかし渓流の苔むした岩の上などにいると、カモフラージュになっています。奄美大島産(アマミイシカワガエル)と沖縄産(オキナワイシカワガエル)では、色彩、斑紋の大きさ、皮膚にある隆起などに差異があります。 「クオッ!!クオッ!!グルルッッ」とカエルとは思えない大きな声で鳴きます。山地森林の渓流源流部で繁殖します。
写真のこの個体は、5月のゴールデンウィークに撮影したものです。沖縄とは繁殖期などが若干ちがうかもしれません(沖縄では12月から2月頃がピーク)。
沖縄産のオキナワイシカワガエル( Odorrana ishikawae )の画像はこちら