ヤエヤマヒメアマガエル

無尾目ヒメアマガエル科

Microhyla kuramotoi

英名 (English name)
 Yaeyama Narrow-mouthed toad

レッドデータブックなどによる指定なし

分布:八重山諸島

ヤエヤマヒメアマガエルの鳴き声を再生

使用機材

使用機材
ボディ:Nikon F4s
レンズ:Nikon AF MICRO NIKKOR 105mm f2.8
その他:ストロボ使用
FILM:Kodak KR64
録音:Sony MD MZ-R900

ヤエヤマヒメアマガエル Microhyla kuramotoi

ヤエヤマヒメアマガエルは、体長3cm程度です。ヒメアマガエル Microhyla okinavensis に含まれており、ヒメアマガエルが奄美諸島以南の琉球列島に広く分布しているとされていました。2020年に八重山諸島に分布しているものはヤエヤマヒメアマガエル Microhyla kuramotoi として記載されました。ヤエヤマカジカガエルと同様、平地から山地まで普通に見ることができます。菱形にちかい独特の体型で、茶褐色の背中に模様があります。山地から市街地まで、様々な場所で見ることができます。
池、水たまり、湿地、側溝に溜まった水など、止水環境で繁殖します。暖かい時期の方が盛んに繁殖すると考えられますが、1月でも多くの個体が鳴いている事があり、ほぼ周年繁殖期のようです。
Yaeyama Narrow-mouthed toad is distributed in Yaeyama Islands. It's most common species. The total length is around 3cm. It's inhabit various environment including the mountain forest and the city area. It lays eggs for the still water including a pond and damp ground and the puddle.