リュウキュウカジカガエル

無尾目アオガエル科

Buergeria japonica

英名 (English name)
 Ryukyu kajika frog

レッドデータブックなどによる指定なし

分布:沖縄諸島からトカラ列島宝島

リュウキュウカジカガエルの鳴き声を再生

使用機材
ボディ:Nikon D5100
レンズ:FIT魚露目8号
その他:ストロボ使用
録音:Sony PCM-M10 外部マイク使用

next picture 次の写真へ 一覧へ戻る 戻る
リュウキュウカジカガエル Buergeria japonica

リュウキュウカジカガエルは、体長3cm程度です。これまで八重山諸島産も同一種とされていましたが、2020年に八重山と台湾産がヤエヤマカジカガエル Buergeria choui として記載されました。リュウキュウカジカガエル Buergeria japonica の分布は沖縄諸島からトカラ列島の宝島となります。平地から山地まで普通に見ることができます。オキナワイシカワガエルなどが生息している山地の渓流から、水田など耕作地、市街地まで、いろいろな環境に適応しているカエルです。浅くて緩やかな水の流れがある場所で産卵します。市街地でも、排水溝などで繁殖しています。市街地の公園の中を流れる人工的な水路でも、綺麗な声を聞くことができます。繁殖期は春から夏ごろです。流れの中の、落葉下や石の下に卵を産み付けてあります。
Ryukyu kajika frog is distributed over Okinawa Islands from the Tokara Islands. It's most common species. The total length is about 3cm. They inhabit various environment from the city area to the forest. They lay eggs in stream of around 1 or 2cm in depth. The breeding season is summer from spring.