ナミエガエル

無尾目ヌマガエル科

Limnonectes namiyei

英名 (English name)
 Namie's frog

沖縄県レッドデータブック:絶滅危惧ⅠB類
環境省レッドデータブック:絶滅危惧ⅠB類
沖縄県指定天然記念物
国内希少野生動植物種

分布:沖縄本島北部(やんばる固有種)

ナミエガエルの鳴き声を再生

使用機材
RICOH Caplio GX
その他:外部ストロボ使用
録音:Sony MD MZ-R900

next picture 次の写真へ 一覧へ戻る
ナミエガエル Limnonectes namiyei

ナミエガエルは、体長10~13cm程度で手足が太く、頭部が大きく、ずんぐりとした体型のカエルです。沖縄島の北部地域にのみ分布する固有種で、いわゆるヤンバルにしか生息していません。山地森林を主な生息場所とする森林性のカエルです。昔は食用にされた事もあったようです
主に山地渓流の源流部付近に生息し、春から初夏頃に産卵します。だいたいゴールデンウィーク前から繁殖期に入ります。渓流の源流部で、細い谷間の底部に砂泥が堆積した湿地状の場所などが繁殖地です。水深が数センチ以下の浅い水場に産卵します。「ガルッ!ガルッ!ガルッ!ガルッ!・・・」と大きな声で鳴きます。 産卵場所で息を潜めてじっとしていると、ときおりグッグッグッと、くぐもった声を出します。鳴き出すタイミングを計っているようです。やがてガルッ!ガルッ!ガルッ!ガルッと鳴き出すと、周囲の個体も同調して鳴き出します。しかしすぐに鳴き止んでしまいます。
成体は、他のカエルより水辺を指向する傾向が強いようです。水生動物をよく食べるようです。オキナワミナミサワガニを食べている個体を見かけた事があります。
Namie's frog is endemic and endanger frog. They distributed in the North part of Okinawa Island. The total length is around 13cm from 10cm. They inhabit in the source of the mountain stream. Breeding season is summer from spring. They lay eggs in the shallow water.
Ministry of the Environment RED LIST ; Endangered (EN)
Okinawa Red Data Book ; Endangered (EN)
Okinawa prefecture Natural Monument