ミヤコヒキガエル

無尾目ヒキガエル科

Bufo gargarizans miyakonis

英名 (English name) 
 Miyako toad

環境省レッドデータブック:準絶滅危惧
宮古島市自然環境保全条例の保全種

分布:宮古諸島、大東諸島に移入。

ミヤコヒキガエルの鳴き声を再生 New !

使用機材
ボディ:Nikon D750
レンズ:TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di (MODEL 272ENⅡ)
その他:ストロボ使用

next picture 次の写真へ 一覧へ戻る
オオヒキガエル Bufo gargarizans miyakonis

ミヤコヒキガエルは体長6cmから12cmほどです。朝鮮半島や中国に分布するアジアヒキガエル Bufo gargarizans の亜種で宮古諸島の宮古島、伊良部島、下地島、池間島に分布しています。また大東諸島に移入されています。琉球列島に自然分布する唯一のヒキガエル類です。宮古島でも移入という説もありましたが、化石が見つかっており自然分布のようです。耕作地や荒れ地に生息しています。10月から3月ごろため池などで繁殖します。
Miyako toad is distributed in the Miyako Island, Irabu Island, Shimozi island and Ikema Iskand. Snout vent length is around 6cm from 12cm. It's will breed in lowland ponds, swamps.
MIyakozima city Environment conservation ordinance ( Collection is prohibited)