ホルストガエル

無尾目アカガエル科

Babina holsti

英名 (English name)
 Holst's frog

沖縄県レッドデータブック:絶滅危惧ⅠB類
環境省レッドデータブック:絶滅危惧ⅠB類
沖縄県指定天然記念物
国内希少野生動植物種

分布:沖縄本島北部、渡嘉敷島

ヌマガエルの鳴き声を再生

使用機材
ボディ:Nikon D70
レンズ:Nikon AF MICRO NIKKOR 105mm f2.8
その他:ストロボ使用
録音:Sony PCM-M10

next picture 次の写真へ 一覧へ戻る 戻る
ホルストガエル Babina holsti

ホルストガエルは、体長10~13cm、大型のカエルです。沖縄島北部地域と渡嘉敷島にのみ分布しています。渡嘉敷島は、島自体が小さく、生息する場所も限られています。沖縄本島では、塩屋湾あたりから北側に分布が限られています。
主に山地の森林に生息しています。梅雨の頃を中心とした夏季に、渓流周辺などの砂泥地で繁殖します。砂泥地に浅い皿状の穴をほり、その中に産卵します。「ヲンッ!!」と大きな声で鳴きます。また個体の密度が高いときは、ウォーウォーウォーと互いに鳴きあう事があります。警戒心が強いカエルで、夜間湿地に近づくと、ものすごい勢いで斜面へ逃げ去ってしまいます。
写真は成長途中と考えられる体長5cm程度の小さめの個体です。
Holst's frog is endemic and endanger frog. They distributed in the North part of Okinawa Island and Tokashiki Island. The total length is around 13cm from 10cm. They inhabit in the source of the mountain stream. Breeding season is summer. This frog is digging a hole of about 30cm diameter with the depth of several centimeters in depth, and laying eggs in it. Advertisement call of this frog is loud.
Ministry of the Environment RED LIST ; Endangered (EN)
Okinawa Red Data Book ; Endangered (EN)
Okinawa prefecture Natural Monument
National endangered species