アイフィンガーガエル

無尾目アオガエル科

Kurixalus eiffingeri

英名 (English name)
 Eiffinger's Tree Frog

レッドデータブックなどによる指定なし

分布:石垣島、西表島、国外では台湾。

アイフィンガーガエルの鳴き声を再生

使用機材
ボディ:Nikon D3
レンズ:TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di (MODEL 272ENⅡ)
その他:ストロボ使用
録音:Sony MD MZ-R900

back to list 戻る 一覧へ戻る
アイフィンガーガエル Kurixalus eiffingeri

アイフィンガーガエルは、体長約3cmほど。石垣島、西表島、台湾に分布します。石垣島、西表島の森では、普通に見られるカエルです。樹上性のカエルで、樹上で活動しています。産卵場所は、水の溜まった木のうろなどです。碗状の小さなうろに雨水などが溜まった場所のへりに、卵が産み付けてあります。ふ化した幼生は、♀が産み与える無精卵を食べるという珍しい習性を持っています。 夜の森にはいると、あちこちの樹上から鳴き声が聞こえてきます。ピッ!ピッ!と愛らしい声で鳴きます。雨の日によく鳴いています。樹上のわりと高い場所で鳴いているので、姿を見つけてもなかなか撮影できません。
Eiffinger's Tree Frog is distributed in the Ishigaki and Iriomote Island . Outside of Japan, they distributed in the Taiwan. The total length is about 3cm. They active on the trees. This frog lays eggs in the water which collected in the hollow of the tree.